« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月15日 (月)

デレック・トラックス

彼がE・クラプトンバンドに入って本格的にブレイクしたことによって、最近のギター雑誌にはスライドギターとSGの特集が多い。

さすがにデュアン・オールマンをはじめて聴いた時ほどの衝撃はないにしろ、そのスライドプレイが単に隙き間産業じゃないことは誰が聴いてもすぐ分かる。

でも恥ずかしながらまだ演奏してる映像を観たことないんだよね。
調べによるとデレックがオールマン・ブラザーズ・バンドに加入してからのDVDが1枚出てるらしい。今度の木曜日あたりに探しに行ってみるつもり。

とはいえスライドギターにはあまり興味がありません。
むしろ久々に出てきたギターヒーローがスライドマスターなんてちょっとガッカリ。

だけどね、凄いヤツがいるってことを思い知るのが僕の趣味。
それには十分過ぎる人材だと思ってます。

あと今月のギタマガに書いてたんだけど「デレック」って名前は「デレク&ドミノス」からつけられたんだって。
やっぱロックの国はセンスが違うぜっ!!
ちなみに「TAKESHI」は親父の「武蔵(たけぞう) から・・・(-_-;。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

ベッカム

彼とは同じ年、熱狂的ではないけどいつも応援しています。

今度アメリカのチームに移籍するんだってね。驚いたのはその高額な年俸よりもイングランドの皆さんの冷めたコメント。中でもJリーグ元年に日本にやって来たリネカーにいたっては「日本へは金のために行った。プレーはサッカー人生の中で最も退屈だった。ベッカムもアメリカで私と同じようなビジネスが出来るだろう。」
・・・だって。ついつい「子供達も見てるんですよ!!」って言いたくなるようなコメント。まぁ言うまでもないがリネカーのプレーは本人以上に見ているほうが退屈だった。

アメリカ国内でサッカー人気が上がったら一瞬でW杯の優勝候補になるだろうってのは昔から言われてる話しで、今回のベッカムフィーバーとかなんだかんだで現在アメフトや陸上等をやってる優秀な子供達が少しサッカーに流れるだけでも数年後のチームはかなり強くなりそうだ。

でも今ここで問題なのは、あんまりみんながバッシングしてしまうとオレが応援したくなる性格だってこと。今日1日でかなり好きになったんで、ウイイレでも足遅いのにスタメンで使わなきゃいけなくなったよ。

そんな感じでベッカムがアメリカサッカーの父になる日を願いつつ今後は更なる応援をしていこうと思ってます。後はアメリカの国民性だな・・・ベッカムが受け入れられるかどうか・・・。

ちなみに日本サッカーの父であるジーコに対する評価はあまりに低すぎる。感謝の気持ちを忘れたら強くなれませんよっ!!
あと代表選手っ!! 外国人監督を呼び捨てするのはやめなさいっ!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

謹賀新年

M1 M2 M3

                                                                                                                     

明けましておめでとうございます。2007年ですね!!

うんうん子供の頃は都会的な四角いお餅が、西の丸っこいのより美味しそうに見えたもんです(笑)。確かに磯辺焼きは四角いほうが高級そうでカッコ良いかも。
まぁどっちも美味いしめでたいね。

それでは今年も頑張って行きましょう。
宜しくお願いします!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »